Word(ワード)に入力した文字数をカウントする3つの方法

Word(ワード)で入力した文字数をカウントする方法 アプリ

本職はライターなので、原稿を書く際には文字数を指定されることが多々あります。
そんな時は、Word(ワード)の文字カウント機能がとっても便利です。

ステータスバーに表示される文字数を見てみよう

Wordで文字を入力していくと、画面下のステータスバーに現在の文字数やページ数が表示されます。
文字を入力中にリアルタイムで表示されるので、今どれくらい書いているかが一目瞭然!

Word(ワード)で入力した文字数をカウントする方法

もし、ステータスバーに文字数が表示されない場合は……?

文字数が表示されるはずのステータスバーを右クリックしてみてください。「ステータスバーのユーザー設定」画面が表示されますので、「文字カウント」にチェックが入っているか確認を。チェックがなければ入れて、元の文書に戻ればOK!

Word(ワード)で入力した文字数をカウントする方法

行数や単語数なども一緒に表示させてみよう

全体のページ数や行数、単語数など、より詳しい情報を表示することができます。
上部メニューバー「校閲」>「文字カウント」をクリック!
キーボードでショートカットキー「ctrl」+「shift」+「G」を同時に押下してもOK!

Word(ワード)で入力した文字数をカウントする方法Word(ワード)で入力した文字数をカウントする方法

 

 

「文字数」と「単語数」の違いは?

ところで、「文字数」と「単語数」の違いって分かりますか?
実は、日本語で入力された文字に関しては、全角・半角にかかわらず1文字とカウントするのですが、半角で入力された英数字は単語としてカウントしています。
(例)「WordとExcelを10回」と入力した場合
単語数=6、文字数=14 とカウントされます。「Word」「Excel」「10」がそれぞれ1単語で、そこに日本語の文字数を足したものが「単語数」になります。英数字も単語としてではなく、1文字ずつカウントしたものが「文字数」になります。

「1.ステータスバーに表示される文字数を見てみよう」で解説したステータスバーに表示される「文字数」は、実は「単語数」なのです。
なので、正確な「文字数」を知りたい場合は、上部メニューバー「校閲」>「文字カウント」で表示されるダイアログで確認しましょう。

moco
moco

ん~ちょっとややこしや~

入力済の文字の一部分をカウントしたい場合は?

Word(ワード)で入力した文字数をカウントする方法カウントしたい文章の範囲をドラッグして、選択後に上記と同じように上部メニューバー「校閲」>「文字カウント」をクリックします。

ステータスバーの文字カウントも、「選択範囲の文字数/全体の文字数」という形で表示されます。

error: Content is protected !!